スポンサーリンク

【コスパ最強】G1X FOUR/G1 FOUR【マルチエフェクター】

2019年7月23日

初心者マストの入門機!

2019年に発売された1月末に販売された
お財布に優しいで有名なZOOMの小型マルチエフェクター

G1 FOUR

G1X FOUR

ペダルがある方がG1X FOUR

ペダルがない方がG1 FOUR

私はG1 FOURを購入しましたが、
ギター初心者やこれからエレキギター始めたい人に超オススメしたいですね!

藍井エイル、KAT-TUN、King&Princeなど
様々な有名アーティストのサポートをされている土屋浩一さんが演奏するZOOM公式サウンドデモはこちら。

サウンド

聞いていただけるとわかると思うんですけど、
普通に良いサウンドだしてますよね。

安いマルチにありがちなのっぺり感が少なくサウンドに空気感が出ていますね。

その秘訣はこちら

Fender、Marshall、Orangeなど、13種類のアンプモデル※を内蔵。実機を忠実にエミュレートしたヘッドアンプ+IR(インパルス応答)を用いたキャビネットが生み出す、リアルなアンプモデリング・サウンドを、ギターと一緒にどこにでも持ち運べます。

Zoom公式サイト

ポイントは今機種からIR(インパルスレスポンス)を採用

これが購入に至った理由ですね。


IRって何かわからない人のためにざっくりいうと、
アンプのキャビネットなどから発した音の空気の響き方を録音したものになります。

プロも御用達のkemperやFractal Audio Systems Axe-Fxシリーズが、
先駆けて採用しており、
2019年になってこの価格帯のマルチまで採用されるようになったというところに時代の流れを感じます。

IRの有無でかなりサウンドのリアル感とか空気感が変わってくるんですよね。

IRの搭載が公表されていないELEVEN RACK(2009年に8万円前後で発売された)を以前所有してましたが正直G1 Fourの方が音がいいって思います。

体感レビューですけどAX-8の70%くらいにはいけるんじゃないかなって感じです。

しゅが
しゅが
もうAX-8はGT-1000に乗り換えたからさよなら済み

デジタル機材の進化は恐ろしい。。。


ZOOM G1 FOURのここが便利

・軽くて小さい

電池を除いた重量の公式スペックは340g。

大きさは文庫本を2冊重ねて正方形にしたくらい。
持ってみても体感はBOSSのコンパクトエフェクターくらい。

本当に持ち運びが楽です。

・リズムマシン(クリック)がついてる

マジで練習捗ります。
クリックとかリズムマシン別に用意しなくても大丈夫!

・AUXがついてる

iPhoneとかからの外部からの音を流しながら練習できます。
曲に合わせて練習したい時はマジで便利!



ヤバいから買ったほうがいい

ギター系のYouTuberの方もヤバイヤバイ連発してる状態です。

何がヤバイってこの価格でこのサウンドはマジでヤバイ。


当然、音だけ追求したら当然G1 Fourよりいい音でる機材はありますが
30万〜50万ほどの機材の70%のクオリティを1万円前後で買えるって結構ヤバくないですか?

しゅが
しゅが
とりあえずヤバイしマジでヤバイんでオススメです!